大きくする 標準 小さくする

浦安ウイングスブラック 全国大会で大健闘

2014/03/09

浦安ウイングスブラック 全国大会で大健闘
 

2014年3月8、9日に開催されましたサントリーカップ第10回全国小学生タグラグビー選手権大会で、
浦安ラグビースクールの悲願の初出場を果たした浦安ウイングスブラックが大健闘しました。

晴れ渡った空のもと、全国から集まった24チームのタグラグビーの仲間たちとともに、
ラグビーの聖地秩父宮ラグビー場および最後になる国立競技場で立派に戦ってくれました。

今大会は、24チームが4チームごと6ブロックに分かれて予選を戦い、
予選の結果により、決勝はカップ、ボウル、シールドに分かれてトーナメントを戦い全国優勝を目指します。
浦安ウイングスブラックは予選Dブロックで、北海道代表当間町立当間小学校「当麻小TRC」、
沖縄県代表読谷村立古堅小学校「RED BULL」、中国地区代表岡山市立高島小学校「グリーンボンバーズ」と戦いました。
まさに全国大会と言うべき、各地のチームと対戦できました。

初戦はいきなり第1試合で「当麻小TRC」と戦いました。
松崎浦安市長も応援に駆け付けていただき、浦安の大応援の声援を受け、
一進一退の攻防の中、粘り強く守りきり7対6で見事、全国初勝利を果たしました。
第2戦は「RED BULL」と。じりじりとする展開から、中盤連続得点で抜け出し、7対4で2連勝。
予選最終戦は相手も2連勝で来ている「グリーンボンバー」と予選1位をかけて戦いました。
最初のアタックを切り返されて失点してしまい、そのままリズムに乗れず連続失点を喫する展開ながら、
後半徐々に動きも良くなり3点を返すことができました。
結果は3対9で敗退となり、予選は2勝1敗、惜しくもカップには進めず、
各ブロックの2位、3位が集まるボウルトーナメントに進出することになりました。

ボウルトーナメントでは、昨年秋の浦安カップに遠路参加いただいた交流のある北陸代表石川県「のみこまレッドウイングス」と。
中盤まで粘り強くディフェンスして接戦に持ち込みましたが、惜しくも3対6。
浦安ラグビースクールの初の全国大会はボウルトーナメント準々決勝で終了しました。
それでも、初の全国大会で2勝、予選2位という大健闘でした。

トーナメント戦は終了してしまいましたが、2日目の国立競技場では、これも過去に東日本大会、交流試合等で交流のある
東北代表宮城県「青葉西タイタンズ」とフレンドリーマッチを戦うことができました。
結果は4対12で敗れてしまいましたが、最後の国立の舞台で最後まであきらめることなく立派に戦ってくれました。
本当にお疲れさまでした。
 
保護者の皆様、本当に多数の応援、ありがとうございました。
選手たちにとって、間違いなく大きな力になりました。
初の全国大会は浦安ラグビースクールにとり、とても大きな大きな一歩となりました。
 



 

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード: